【変な話】近年でも起きていた神隠し。八幡の藪知らずの実態

石柵に囲まれた小さな森

800px-yawatano-yabusirazu
引用元
八幡の藪知らず…千葉県市川市八幡にある森の通称よ。
古くから足を踏み入れてはいけない「禁足地」とされているわ。
現在は石柵に囲まれているわ。
ここには神隠しの噂が絶えないらしいの。変な話ね。

由来

yawatasirazunomori
引用元
八幡の藪知らずは江戸時代に記された書籍にすでに見ることができるそうなの。
江戸時代以前からこの伝承が存在したかどうかはわからないし、なぜ禁足地となったかもわからないそうよ。
平将門に関連する者や本人の墓という説もあるようだけれど実在はわからないわ。
場所はこことは限らないけれど近くでは現在でも神隠しとみられる事件があったの。
神隠しと言ったら、千と千尋の神隠しだけど、もっとシビアな感じがするわね。



近年でもある神隠し

c2d3d3487735cd6c07871cba0d0242f4_14118
引用元
千葉県茂原市で行方不明になっていた県立高3年の女子生徒が2市内の神社に1人でいるところを発見、保護されたわ。
女子高生は2か月半もの間行方不明になっていた。
しかもいなくなった時と同じ服を着ている状態で発見、衰弱はみられるものの目立った外傷もなし。
八幡の藪知らずの近くで神隠しにしか見えない事件だなんて。

 

水戸黄門も迷った?

yoshitoshi_the_ghost_triptych
引用元
この森では時代劇で有名な水戸黄門も迷い込んだらしいわ。
迷い込んだ水戸黄門は多くの妖怪変化に襲われたのだけれど、妖怪の群れにも臆せずにいると白髪の老人が出てきたというの。
「この場所は人間が踏み入る場所ではない。貴殿は間違って入りこまれたようなので、今回に限り見逃す事にする」と告げた。
次の瞬間水戸黄門は藪知らずの外に。
私なら妖怪が出てきたら逃げ惑ってしまいそうだわ。

慣用句にまで

kojien_second_edition_dsf3207
引用元
伝承が有名になりすぎて「八幡の藪知らず」は「入ったら出られない藪や迷路」の総称にまでなってしまったの。
転じて「道に迷うこと」「出口のわからないこと」を「八幡の藪知らず」「やわたしらず」と言うようになったのよ。
これは広辞苑などの有名な辞書にもこの変な話が記載されていて、この森がどれだけ恐れられたかが解るわね。

神隠し

b1ac39b0
引用元
神隠しとは文字通り人が行方不明になったり、失踪することを神のせいとしたことから使われるようになった言葉だわ。
でも昔には姥捨てや口減らしのための殺害にも罪悪感を無くすために「神隠し」としたこともあったらしい。
もしかすると八幡の藪知らずもそういった背景があったかもしれないわね。
繰り返されるうち負の思いがたまり現在の森となってしまった。
真相は、神隠しの森にしか分からないことね。

関連記事

  1. 噂のあの髪の毛が伸びるお菊人形。そのテッカテカの毛髪が伸びている本当の…

  2. 【変な話】「笑え!笑え!」と叫んで笑いまくる丹生祭。顔の化粧がやばすぎ…

  3. 【変な話】悪石島で男根棒を振り回すボゼ祭り。男根棒を振り回す奇祭とは一…

  4. 【変な話】おじろくおばさ制度は嘘なのか。生涯家のために働かされる奇怪な…

  5. 【変な話】異様な仮面を顔面に掛けて行列をなす面掛行列が異世界すぎる|面…

  6. 【変な話】戸山公園に731部隊が関係している人体実験の証拠が存在