【変な話】全員が狐の仮面をかぶって行進する狐の夜祭りは異様な光景だった。

藤五郎狐の民話をモチーフに

oh86_hosoudourotokitakitune_tp_v
引用元
2016年10月9日、新潟県柏崎市で行われた狐の夜祭りに行ってみましょう!!
開催日は毎年少しずつ変更しているようなので行ってみたい方は事前チェックが必須だっふ!
基本的には10月頭頃の日曜日みたいですね。
こちらのお祭、平成に入ってからこの地域に伝わる藤五郎狐の民話をモチーフとして始まったそうで。
会場が2か所あり、片方から片方へ皆で行進していくのですが…、
なんとも言えず幻想的なお祭でした。

その場で揚げる巨大油揚げ

kitune3
引用元
まずは、畳一枚の大油揚げつくりが始まります。
油揚げ…もちろん狐の大好物とされるものですが、
その場で揚げられる巨大油揚げの美味しそうな香りに狐でなくとも夢中になりそうだっふ…。
油揚げの他にもおいなり、きのこおこわ、焼きとり、うどん、きのこ汁と出し物がいっぱい。
どれも美味しそうで困ってしまう。
そうこうしているうちに辺りもどんどん暗くなってきて、なんだか不思議な気分…。
この調子で狐面をかぶって…いざ提灯行列へ!

歩いた人から狐の気分

kitsunenoyomatsuri01
引用元
暗い山道をみんなで練り歩きます。
みんな狐の面をかぶり、提灯のあかりを頼りに目的地へ向かいます。
なんだか本当に狐になったみたいだっふ。
辺り皆…狐の面に装束…この中に本物の狐が紛れていたって不思議じゃないかも……。

提灯のあかり

img_0682-4
引用元
この提灯のあかりがまた…気分が盛り上がりますな。
不思議な昂揚感と不思議な世界へ連れて行かれちゃうような。
もしかしたらこのまま山を下りられずに狐になって狐に連れられてしまいそうだっふ……。

もちつき、太鼓にコンサート

200709_i_vol1_5
引用元
狐の行列は山道を抜けて広場へつきます。
そこでは豊作もちつきやコンサート、太鼓だって始まってお祭気分でいっぱいです!
ちなみに美味しい食べ物もいっぱい…さすがは米所!お米美味しすぎだっふ!!
辺りは光が温かく照らして、異空間のよう。
本当に狐に連れられて狐の祭に参加してるみたいですな。

フィナーレはきつねの踊り

kitsunenoyomatsuri02
引用元
最後はきつねの踊りでお祭は終わります。
このきつねの踊りがまた幻想的。
狐が楽しげに火の回りを踊っております。
ああ、なんだか終わるのが悲しいような……。
このまま狐でいたいような……。
これはまた是非来年もこの幻想的なお祭に参加したいものだっふ!

住所

〒945-1504 新潟県柏崎市高柳町栃ケ原

関連記事

  1. 【変な話】青森県新郷村にキリストの墓が。ヘブライ語が語源の言葉が多数存…

  2. 【変な話】今でも四国に残る犬神信仰

  3. 【変な話】おじろくおばさ制度は嘘なのか。生涯家のために働かされる奇怪な…

  4. 【変な話】鹿の頭を神様に捧げる諏訪大社の奇祭「御頭祭」。鹿の頭を祀るお…

  5. お盆に海に入ると霊に連れて行かれると言われる理由がまさしく判明したんだ…

  6. 【変な話】近年でも起きていた神隠し。八幡の藪知らずの実態