【変な話】熊本で変形頭蓋骨が出た?謎の人口頭蓋骨トンカラリンとは一体…?

トンカラリンとは?


引用元

トンカラリンとはいったいなんなんだ?熊本県和水町にあるトンネル型遺構で、国の史跡である江田船山古墳が関係しているらしい。。

全長は464.6メートル、トンネル状の地隙や地下道のような石組み暗渠が組み合わさった不思議な構造物。

「トンカラリン」という名前は、穴に石を投げ込むと「とんからりん」という音が聞こえることからつけられたという説と、朝鮮語が由来となったという説があるらしいぜ。

トンカラリンの呼称の由来は何個か説はありますが、実際はどうなんだろうか。変な話だぜ。

トンカラリンという音の設定


引用元

後にも出てきますが、朝鮮半島とトンカラリンの関係があったことを指摘された点では朝鮮語由来という説は説得力がある。石による音の設定はどうなんだろう?

一般的に石を穴に投げ込んだ際に出る音として、かなりの種類があると予想できる。

検証の意味も含め、一般的な穴という穴に200回ほど石を投げこんでみた結果、このようになった。。

4位 カラカラコロ 19回
3位 サティスファクション 20回
2位 コロリントン 22回
1位 トンカラリン 31回

その他にも、カンカンコロ、カリトンカン、プロパガンダ、ミクスジェンダー大崎、などの結果だったが、トンカラリンが1位となり呼称としても妥当な結果になっているのがわかる。

そして、トンカラリンの存在意義には何個かの説があるらしい。

なぜにこの不思議な空間は出来上がったのか。真相に迫っていくぜ。

卑弥呼の鬼道説


引用元

昭和50年代に、作家の故松本清張氏が現地を調査して、邪馬台国が記された魏志倭人伝の一節から、卑弥呼の「シャーマニズムに関係した鬼道ではないか」と発表して全国的ににその名が轟いた。

そしてトンカラリン周辺の前原長溝遺跡から発見された三体の変形頭蓋骨が「シャーマン」なのではないかという変な話も。

発掘した別府大学の坂田邦洋助教授は、「この変形頭蓋骨の人物は、弥生時代中期ころの支配階級の女性であり、変形は人工的になされたもの。」と言っている。

なぜシャーマンが顔を変形させるのかについては、「神と人間とを結ぶ存在として、顔を変形させることで神秘性を帯びさせ、人々にその特別な存在をアピールしていたのではないか」という説が定説。

特別な感じを推していきたいっていう一心で顔を変形させちゃうっていう気持ちは評価したい部分ではあるが、頭そっちに伸ばしちゃう感じだ。ってなる。

でも頭伸ばしたのか、顔を一個下にガンってやったのかどっちなのかは気になるね。

どちらにしても、骨格の損傷の無さから、めっちゃ時間かけてる。

久しぶりにあった親戚はどのような感じになるのだろう。

朝鮮的信仰遺跡説


引用元

トンカラリンの一部に見られる古代朝鮮の特殊な石組み技法が見られることから、トンカラリン周辺で朝鮮半島との交流があった事が推測され、トンカラリンはシャーマンによって使われていた宗教祭祀施設ではないかという変な話もある。

雰囲気だけでも異様なのに、顔面ケンタウロスの人がいきなり入り口とかでこっち見てたりしたら、完全に腰が抜けて、どこかの骨が粉々になって、逆に特別な感じでちゃって、シャーマンからの評価上がって、シャーマン界のダークホースとして生きて行くっていうパターンもあったかもしれない。

上記にある説以外で、多くに信じられていた説がこちら。

 

排水路説


引用元

熊本県教育委員会が、現地調査した際に「近代の排水路」として有力な説を発表た。した。

しかしその後、トンネル内部の階段が水路とはなじまない、排水路としては大げさすぎるなど、排水路として不都合な点が大きすぎると判断された結果、排水路説は力を弱めていったらしい。

 

まとめ

トンカラリンには、実際に変形頭蓋骨などが発掘されていることから、個人的にはシャーマニズムの顔面ケンタウロス説が有力なのではないかと推測できるが、他にも城の抜け穴説などの噂もあるのでなんとも言えない。

まぁ、使用用途がどうであれ、摩訶不思議なスポットには変わりないな。

 

場所

熊本県玉名郡和水

関連記事

  1. 【変な話】なまはげやゾンビ超え!恐ろしい泥まみれの「パーントゥ」が追い…

  2. 【変な話】悪石島で男根棒を振り回すボゼ祭り。男根棒を振り回す奇祭とは一…

  3. 【変な話】沖ノ島では「島で起きた事」を絶対に他人に話してはいけない。

  4. 【変な話】鹿の頭を神様に捧げる諏訪大社の奇祭「御頭祭」。鹿の頭を祀るお…

  5. 【変な話】今でも四国に残る犬神信仰

  6. 【変な話】「笑え!笑え!」と叫んで笑いまくる丹生祭。顔の化粧がやばすぎ…